• ホーム
  • ネキシウムとトロキシピドで胃痛を緩和できる

ネキシウムとトロキシピドで胃痛を緩和できる

熱もないのになんとなく吐き気がする、胃の辺りがチクチクと痛むという場合には、胃酸が過剰に分泌されている可能性があります。
胃酸の過剰分泌の治療に使われるのが、ネキシウムやトロキシピドです。

ネキシウムには胃酸の過剰分泌を抑える効果があります。
これによって、胃の粘膜を傷めるのを防ぐことができ、徐々に修復を促します。

トロキシピドという薬は、胃粘膜に働きかける特徴があります。
傷ついた胃粘膜の血流を促し、修復をスムーズにしてくれます。
胃粘膜の粘液を増やす作用もありますので、胃酸からガードする力も持っています。

これらの薬を用いることで、胃が回復し、不快な症状がなくなります。
今までどおりの食事を食べられるほどに回復しますが、その後も病気の原因になるような生活習慣を送っていると、簡単に症状が再発しますので、生活習慣を改めることが予防として重要になります。

これらの薬で治る程度の症状であれば、それほど難しい病気ではありません。
しかし、胃がんを発症していると、手術が必要になってきます。
胃がんの症状は一般的な胃の不快な症状とよく似ていますので、初期症状を見逃してしまう危険をはらんでいます。

胃がんについて詳しく知りたいのであれば、胃がんブログを読んでみると参考になります。
特に、経験者が運営する胃がんブログは役に立ちます。
胃がんは早期発見すれば、治りやすい病気です。
がん細胞を切除しますが、がん細胞が小さいほど、切り取る範囲が狭く済みます。
内視鏡手術で行える例があるほどです。

胃がんの原因として、ピロリ菌の感染があります。
ピロリ菌の存在を病院で検査してもらい、菌を治療薬などで退治すれば、胃がんの予防になります。

関連記事